« December 2005 | Main | February 2006 »

2006/01/31 引き続き 森 あるいは えいご

どうぶつの森。
村の特産物以外の果物を植えて
3日ほど待てば立派な成木となり実をつけるはずなのに
3日目になったら昨日まで成長してた木が
消失してるってのはどうしてなの。
木の神隠しですか。
何も無い更地に植樹するのではなく、
伐採した場所に植えればいいのかなぁ。
まあ、今日からまた地道に木を育てよう。



えいご漬け。
マイクに向かって発音してみましょうというステップがあって
お約束として例題は「I love you.」なわけですよ。
昼休みにドトールで
ゲーム機に向かってI love you.と呟くサラリーマン(ワタクシ)。
キモいわぁ。。
客観的に、俯瞰視点で自分を眺めてみて
気味悪い絵ズラですわぁ。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2006/01/30 サディスティック・カエラ・バンド あるいは DS漬け

サディスティック再結成
見出し、略しすぎ。
サディスティックミカバンド、木村カエラを迎えて再結成、でしょう。
ということはさておき、最初の印象は
「金かぁ・・・」というもので、
まあ大抵の再結成なんてそんなもんだとは思うけどさ。
「木村カエラ&バックバンド」という感じで一曲のみの再結成なのかね。



発売と同時くらいに購入した「おいでよ どうぶつの森」、
たぬきの野郎がラスボスのRPGだ!
というようなことを書く気も失せたわけだけど
ほんと毎日ちょっとずつ30分くらい遊んでいて
これはこれでゲーム中毒というかゲーム依存というか
ゲーム脳化してるというか
そのうち
斧で人を切りつけたり
人の頭からジョーロで水ぶっかけたり
釣竿と釣針でスカートめくりするような
バイオレンス野郎になっていくんだろうかワタクシは。


僕のゲーム内の「とおくの村」では林檎が特産なわけです。
梨、さくらんぼ、椰子の実などは林檎の5倍の値段で売れます。
なのでゲットしてきた林檎以外の果物を育て、
収穫し、一部を別の場所に植えて収穫量を拡大しようと目論見、
残りをたぬき野郎に売っています。
そんな日々の作業。


と書いたところで、
このゲームの中にも生産活動(原始的な経済)があるんだなぁ
などと感慨。
カブには手を出さずに
モノを作って売るという着実な道が
僕には性に合ってる気がしてきました。
なんかその人の性格と生活がにじみ出てくるゲームなのかもしれません。
というわけで、
ライブドアショックがあってこそ映えるどうぶつの森ですよ。
デイトレードにいそしむ主婦の皆さんも
わが身を振り返るのにいかがですか!


これ、買ってみました。

ヒアリングした英語をタッチペンで書くだけっちゃだけなんですが。
オプション設定を
ヒアリングする英単語/英文の日本語訳を表示させなくして
「純粋に聞いて書く」にすると
ホントにドキドキします。
E判定食らったワタクシですが、
森同様、こちらも毎日コツコツ続けていきたいと思う所存です。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2006/01/26 NintendoDS Lite

3月2日発売
この黒バージョンが発売されたら
iPod nanoと色あわせたいがために買っちゃうかも。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2006/01/25 社長日記どうするんだろうね。

ライブドアがらみの報道で一番喜んでるのって、自分から矛先が変わったオジマ氏じゃないかなあ。



ライブドアの社長日記のコメント欄て熱烈で新興宗教っぽいなあと思うこしばしばだったんですが、
そのコメント欄にツッコミいれてる記事があったのでリンクさせていただきます
やっぱり「堀江さんは神 」はちょっとどうかと思うよ。


真鍋かをり 株売買を始められず
真鍋かをり氏って、じわじわとご意見番なポジションを獲得しつつあるような気がする。


XTCがDownload.comで新曲「Spiral」のMP3を無料配信
ふむふむ。これですね。

Download.comではKyoto Jazz Massiveの音源が公開されたりとか
マメにチェックするといいですね。
帰宅したらダウンロードしようっと。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2006/01/23 「123」が並んだ日(本文関係ナシ)

グリコのフレンドベーカリー チョコビスケットに夢中。
マクビティの偽物、じゃないですよ。



仲間由紀恵 with ダウンローズ / 恋のダウンロード

●着うた(R)・・・サビの部分がお楽しみいただけます。210円
●着うたフル(R)・・・フルコーラスお楽しみいただけます。410円

410円。高っ!

| Comments (0) | TrackBack (0)

2006/01/21 iTMSメモ。

Capella Istropolitana / ベスト・オブ・モーツァルト
14曲で800円。



東京は、雪。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2006/01/20 iTMSに対抗できるか?

今週のモーニングに掲載されている
チーズスイートホーム、
すごく切ない。



総合音楽サービス「au LISTEN MOBILE SERVICE」
Waste of Pops 80s-90sさんより
ケータイの各種データをPCにバックアップできる、
プレイリストをメールに添付して知人とやり取りできる、
ケータイの4桁暗証番号で楽曲購入できる、
と面白そうなサービスです。
iTMSに対抗しうるサービスとなるかなあ?
これで4GBのハードディスク搭載ケータイ(ちょっと重そう)があれば
iPod不要論も湧き出てきそうな。

なお、「au Music Port」におけるリッピングは音楽CDからのみに対応し、パソコンのハードディスクにすでに保存されている音楽ファイルを変換して取り込むことなどはできない。

てことは八っつあん、
iPodからケータイに乗り換えようと思ったら
もう一回CDから取り込みなおしってことかい?

| Comments (0) | TrackBack (0)

2006/01/18 2006年っぽさ

野本かりあ「東京は夜の七時 (The First Cut)」
小心者の杖さんより以下引用。

1993年にリリースされた原曲は、バブル経済崩壊後の東京を見事に活写していて、それを野宮真貴のどこかプラスティックな感触のする歌声が引き立てていました。

で、2006年版。僕には、野本氏の歌い方(歌詞も?)から
90年代とは違う、時代の気分が反映しているように聴こえます。
階層化する日本のまったり感と密かなバイオレンスを感じてしまうんですね。
何故そう思うのかは、良く分からないんですが。
というわけで、僕はこの2006年版を支持しますよ。



どうぶつの森は、その後も淡々とプレイ中。
ゆきだるまを作って化石掘ってる毎日。
魚釣りで釣った長靴だの空き缶を
たぬきのデパートで
りんごと抱き合わせで売りつける嫌がらせを実行中です。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2006/01/16 11年


M / Famous Last Words
10月下旬にAmazonで注文して以降
2週間に1度くらい「まだ入荷できていない」というメールが来てました。
そして本日、
ようやく入荷の見込みナシ、注文キャンセルとのメールが。
なんというか宙ぶらりん状態が落ち着いて
ある種すっきりした気分です。



購入したDVD「恋のバカンス」を観続けました。
そして購入するまで全く気づかなかったんだけど
土曜日深夜にDVD宣伝の番組「恋のバカンス2006」が
関東ローカルで放送するというので
録画して、さらにこれも観ました。
DVDに収録された当時の番組と、宣伝番組の間には
11年という歳月が横たわってるわけです。
そんな年月がたっても、
出演者の皆さん、全然太ってなくて、体型が崩れてないんですよ。
いやー凄いすごい。
竹中直人氏は、突然脈絡もなくキレるキャラを演じ
それが
「ごっつええ感じ」の
四万十川料理学園・キャシィ塚本を連想したんですが。
一番感動したのは、
住田隆氏と布施絵里氏というビシバシステムの二人に加え、
西田康人氏も出演しているため
新旧ビシバシステムをいっぺんに、同じ画面で観られたということです。
しっかし、
DVDと番組をぶっ続けに観て
11年という時間に感慨を覚えますよ。
1994年当時生まれた子供(子供は差別用語ですが)も
すっかりマセた小学校高学年になってるわけですよ。
親に対して
「うっせえ」「金くれ」程度しか
言わなくなってるかもしれないけど。
11年ったら多分そんな時間ですよ。多分。
今ほんとに2006年なのか。と思いましたもん。


でも
風呂敷を広げっぱなしで
オチがない(ツッコミすらないこともある)
不条理ドラマというかコントを
延々観てると、結構体力を消耗します。。。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2006/01/13 竹中直人の恋のバカンス

勢いでAmazonに予約していた商品が到着。
竹中直人の恋のバカンス 初回限定版DVD-BOX
竹中直人の恋のバカンス

何が凄いって初回特典のストラップですよ!

見辛くてすみません。
DVDトールケースと並べてみたけど、
無闇にでかいナンのストラップ。
もうこれだけで笑える。
なんなのこれ。
ナンなの。
というわけで、nanoと並べてみました。

この頃の竹中直人氏が出演していた東京イエローページとか、
僕にとってはホント基本なんです。
ボケっぱなしでオチがなくて、
居心地の悪い空気が異常に可笑しい。
スネークマンショー直系の笑い。
東京イエローページもDVD化して欲しいなぁ。

| Comments (0) | TrackBack (0)

200601/12 あの人は今:オザケンさん

小沢健二、4年ぶりのニュー・アルバムを発表
K’z ROOM...NAKED:さんより。
一時期、「オザーさんて今、何やってんすかね?」とネタにさせていただいたので
感慨深いっちゅーか、
全8曲収録予定で、なんと全曲ヴォーカルレスの作品とのこと。
これでインストが
ヘンなニューエイジものだったり
エレクトロニカもどきだったら
ちょっとイタくて笑えそうな・・・。
という悪趣味な冗談はさておき、
10年前とは違って、
もうトレンドセッター的ポジションにはいないわけですから、
あっといわせるモノを送り出して欲しいです。



「渋谷系」の亡霊繋がりっぽいけど、
iTMSで野本かりあ氏が唄う「東京は夜の七時」購入。200円。

| Comments (1) | TrackBack (0)

2006/01/11 iPodでFM

Apple Radio Remote
オプション追加でiPodでFMが聴ける、と。
FMが聴けるケータイと被ることになるかなぁ。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2006/01/10 仕切り あるいは 転売 あるいは もっさり

無印良品のポリ素材でできた仕切りが売っていた。
縦置きの外付けハードディスクを収納するには
丁度いい幅で仕切られている。
外付けハードディスクにはスタンドが付いているとはいえ、
猫のいたずらで倒れやしないかと思っていたところで
何かいい物はないかなあと思案していたところに発見、
千円もしない商品だけど、大満足。
100均で小物を買いまくる人達の心境は分からないけど、
彼らにおける100円ショップのポジションが
僕にとっての無印良品なのかもしれない。



あいかわらずどうぶつの森で遊んでいる。
もうたぬき野郎への借金も気にならなくなってきた。
無気力なニートの心境になってきたのかもしれない。
こんなことじゃイカンというわけで作戦決行。
まず、たぬきのデパートで便箋を購入。
村の住民に手紙を書き、
村の特産物(ウチの村はりんごだ)を添付して送る。
翌日、プレゼント付きの手紙が来るので
そのプレゼントをたぬきに売る。
という「わらしべ長者作戦」を実行中。
元では便箋を買うだけ。りんごはタダだもんね。
いや、わらしべ長者というか、
ヤフオクなんかにウロつく転売野郎気分だ。


Plus-Tech Squeeze Box ハヤシベトモノリ氏インタビュー
ファーストアルバム『FAKEVOX』について
ミュージックマシーンさんより。
この記事の面白かった箇所を引用します。

インタビュアー
実はわたし昨日、『ファンタズマ』を聴き直してみたんですけど……タルいんですよ。遅い!
ハヤシベ氏
そう、意外と遅いんですよね。フリッパーズ・ギターのトリビュート盤を手伝ったときにも人と話したんだけど、『ヘッド博士の世界塔』ってあんなに遅かったっけ? って思いましたよ。

僕自身、Round Tableの Feelin' Groovy も聴き返したら
テンポがもっさりしてて驚いたことあったの思い出して
笑った笑った。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2006/01/06 メモ。

紅白歌合戦で琴欧州に「ブルガリア」と商品名を言わせたグループ魂より、
明石家サンタで放送禁止用語を発言した素人さんの方が
観ててドキドキした。



iTMSでニューオリンズ音楽文化復興支援の
Bound for Gloryを購入。


DSを手に入れろ!
やたらめったら人気っぽいNintendoDSの狂騒っぷりを切り取った記事なんじゃないかと思います。
結局、SCEが挑んですらも
携帯ゲーム機のデファクトスタンダードは任天堂から
動かなかったというですよねぇ。
(過去形で語ってしまいますが)
といいますか、むしろ
ゲームボーイミクロ ポケモンバージョン、
色がカッコ良過ぎ。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2006/01/04 年末を振り返る

年末のどうぶつの森。
朝から森の村長が
新年まであと13時間!とカウントダウン。
この時点では正直ナメてました。
23時30分頃になるとBGMが一変。
村長からクラッカーを貰えるだけ貰う。
村の住民たち(と言っても全員動物)がウロウロ。
こちらも思わずそわそわして
2ちゃんねるの携帯ゲーム板を覗き
他の人もどうぶつの森カウントダウン待ちであることを確認。
「新年まであと1分」になると
BGMもミュート気味になり、時報が響く。
思わず緊張。
そして日付が1月1日になった瞬間、
花火がドッカンドッカン打ち上げられる。
BGMも楽しげな雰囲気に変化。
2ちゃんねるの動物の森スレッドも怒涛の伸び。
めちゃめちゃ感動した!とは言わないけど
NintendoDSに装備されている2画面の上の方に
ドンドン花火が打ち上げられているのを観て
ここまできっちりイベントを仕込んだ任天堂って凄いなあ、
きっちり作ったソフトだなぁどうぶつの森、と感心した。



それぞれがひとりでゲームをしているけども、
2ちゃんねるのスレではかなりの人が
どうぶつの森と接し、それぞれのイベントを共有している。
非常に不思議な感覚ではある。


年明けの夜中、ずっと花火を打ち上げていたのは
我々村民から金を搾取し続けるたぬき野郎なんじゃないか?
と勝手に想像してみた。
(しつこいけど、村民といっても俺以外は動物だけどな)
たぬきの店、23時には閉店してたし。
あんだけ大量の花火を用意するには相当な軍資金が必要ではないの?

| Comments (0) | TrackBack (0)

2006/01/02 正月雑感。

紅白歌合戦に出演していた渡辺美里氏を観て
「友近でしょコレ」と思った皆さん、こんにちは。
僕はですねえ、元旦に日本テレビで放送した「大笑点」で
TOKIOの長瀬氏が落語やってるの観て
「リアルでタイガー&ドラゴンかぁ!」と思いました。



昨日、コンビニにビールを買いにテクテク歩いてた時、
iPodからボサノバが流れてきたんですが、
これがもう異常に気持ちよかったです。
夜の帳、元旦なので閑散とした沿道は風が冷たい。
イヤフォンから流れてくる訥々としたギターが
とても寂しくて、ゾクゾクしました。
なんの曲かは秘密です。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2006/01/01 元旦に読んでる本

おおー、街でアクアノートの休日でバロックな、 サターンVSプレステ対決時代にゲームを盛り上げてた人たちの対談だよ! ということで購入。

| Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »